リビングの換気扇にあるとよい機能は?仕組みを知って効果倍増 | 【低価格】換気扇掃除・交換・修理 ご相談無料|換気扇110番
換気扇の修理・交換・掃除なら換気扇110番TOP > 最新情報・レポート > リビングの換気扇にあるとよい機能は?仕組みを知って効果倍増

最新情報・レポート

リビングの換気扇にあるとよい機能は?仕組みを知って効果倍増

リビングの換気扇にあるとよい機能は?仕組みを知って効果倍増

自宅の匂いは、普段あまり気にならないでしょう。しかし、ふとした瞬間に自分の家の匂いを感じることがあります。リビングとキッチンの距離が近いと、焼き肉や焼き魚などの調理をするときに、どうしてもリビングにまで臭いが流れてしまうことがあるものです。リビングは、家族がくつろいだり、来客を案内したりする場所です。リビングが臭いと不快な気分になってしまいます。

このように不快な匂いがあるときは、換気することがおすすめです。換気には、空気を入れ替えるという効果だけでなく、私たちの健康を守る目的もあります。このコラムでは、リビングに換気扇をつける効果やおすすめの換気扇について、ご紹介します。

リビングに換気扇をつけるとこんなメリットが!

最近の住宅は気密性が高いため、窓を閉めていると外の空気がなかなか入ってこない構造になっています。そのため、意識的に外の空気を取り入れ、汚れた室内の空気を排気するために換気をしなければなりません。屋内の換気には、換気扇が大変役立ちます。ここでは換気扇をつけるメリットについて、ご紹介いたします。

シックハウス症候群・アレルギー予防

換気をせずにいると、建材などに含まれる化学物質を知らないうちに吸い込んでしまうことがあります。その結果、シックハウス症候群やアレルギー反応をおこしてしまう危険性があります。換気扇を使ってこまめに換気をおこなうことにより、建材から出た化学物質を屋外へ排出しましょう。

結露・カビを防ぐ

結露の原因は、暖かい水分を多く含んだ空気が冷えてしまい、水となってしまうためです。冬場に、暖かい部屋の空気が冷えてしまうと、窓に結露が発生するのはそのためです。結露が発生すると、カビやダニが発生する原因になってしまいます。カビやダニは、湿度の高い環境を好むからです。

湿度が高いまま放っておくと、家中がカビだらけとなり、アレルギー症状を引き起こしてしまうかもしれません。原因となる結露の発生を抑えるには、室内の空気と外の空気を入れ替える換気をおこなうことが大切なのです。

家の寿命を延ばす

結露の発生は、カビを発生させるだけではありません。室内の暖かい空気は、壁の内部にまで侵入します。そうして、構造物の内側にも結露を発生させます。これは内部結露といわれる現象で、放置しておくと柱や家の基礎を腐らせてしまうおそれがあるのです。さらに、構造物内部の湿度が高い状態にあると、シロアリ被害に遭う危険性も高くなります。

これらを防ぐためにも、換気をすることは、非常に大切なのです。換気は、住む人の健康を守るためにも、家の寿命を延ばすためにも、とても重要であるといえます。

リビングで重宝する換気扇の種類と機能

リビングの換気扇にあるとよい機能は?仕組みを知って効果倍増

リビングは、家族でくつろいだり、来客などをお迎えしたりする空間です。いわば、家の顔といってもいいでしょう。そのため、リビングで使用する換気扇は、そんな大切な空間の雰囲気を損ねないようなものを選ぶことをおすすめします。

換気扇の形状は主に2種類

換気扇には、いくつかの種類があります。一般的な2種類をご紹介します。

・羽が円筒状に並ぶ「シロッコファン」
風を送るために、羽がたくさんついた換気扇です。外の風の影響を受けづらいため、安定した送風をおこなうことができます。

・5,6枚の大きな羽がある「プロペラファン」
扇風機に付いているような羽がある換気扇のことを、プロペラファンといいます。プロペラファンは、一般的な換気扇によく使用されている形状です。室外で強い風が吹くと、風量に影響が出てしまいます。

空気清浄機能付換気扇

フィルターで空気をきれいにしてから取り入れます。フィルターを通すため、花粉やホコリなどが室内に入ることがなく、快適に過ごす屋内環境をつくることができる換気扇です。

熱交換形換気扇

外から空気を取り込む際に、可能なかぎり室温に近づけてから室内に取り入れます。そのため、エアコンなどを使用している場合でも室温があまり変化することがありません。またフィルターを通して外の空気を取り込むため、花粉やホコリなどが室内に入ることを防ぐことができます。

同時給排気形換気扇

給気口や換気扇の穴がなくても使用することができる換気扇です。これ1台で、外からの空気を取り入れ、室内の汚れた空気を外に出すことができます。壁に穴がない部屋や、賃貸住宅におすすめの換気扇です。

換気の仕組みは主に4つ!

ひとことで換気といっても、さまざまな方法があります。換気の仕組みを知り、自宅に最適な換気扇を選びましょう。

24時間換気システムとは?

窓を開けて換気する自然換気と違い、換気扇を使用した強制的におこなう換気システムです。24時間換気システムには、第一種換気方式から第三種換気方式まで3つの方法があります。以下でそれぞれの換気方式について詳しくご説明いたします。

機械で徹底換気「第1種換気方式」

部屋ごとにおこなうのではなく、建物全体で換気をする方法です。一般的には各部屋にダクトの配管をおこなうものですが、最近では、ダクトがない第1種換気方式もあります。

第1種換気方式のメリットは、吸気と排気を一緒におこなうため、屋外と屋内の圧力差が出ないということです。圧力差が少ないと、家の中にすきま風が入りづらいため、室温が急激に変化することがありません。しかし、設備を設置するコストや使用時もコストが高くなってしまいます。

吸気だけ機械で「第2種換気方式」

外の空気を室内に取り込むためにだけ換気扇を使用する方法です。汚れた空気は、室内に空気を取り込む際に生じた気圧で、自然に排気します。医療機関の手術室などで利用されている方法です。外よりも室内のほうが気圧が高いため、外からのホコリが室内に入ってこないというメリットがあります。

しかし、一般的な住宅では、医療機関のように、高い気密性はありません。そのため気温の低い季節は、壁の内側で結露ができてしまうことがあります。

排気だけ機械で「第3種換気方式」

外からの空気を取り込むのは壁などに設置した吸気口からおこない、汚れた空気を外に出すときにだけ換気扇を使用する方法です。3つの換気方式の中では、いちばんシンプルな方法となります。換気扇を設置するだけの換気システムのため、換気扇を設置する穴がすでにあるなら換気扇を購入するだけです。

しかし、この方法は、家の中の空気を排気するだけのため、室内の気圧は下がります。その結果、すきま風が入ってきてしまうことがあります。

おすすめはリビングの美観を損ねない換気扇!

リビングの換気扇にあるとよい機能は?仕組みを知って効果倍増

以前の換気扇は、機能重視でおしゃれなものがあまりありませんでした。インテリアに合うものがなく、設置することをためらっていたという人もいらっしゃったことでしょう。しかし最近の換気扇には、機能だけでなく、外観を損ねないものがたくさんあります。そのため以前と比べて、美観を考えて換気扇の設置に躊躇するといった人も減ったと思います。以下では、おすすめの換気扇をご紹介いたします。

壁掛け型

壁に設置するタイプの換気扇です。出っ張りが少ないデザインや、エアコンのように開閉できるものがあります。リモコン操作ができるものもあります。

パイプファン・プロペラファン

排気用の配管が外側にあり、小さなファンをつけている換気扇です。排気できる量が少ないため、洗面所やトイレ、浴室など小さな空間でよく使用されています。

天井埋め込み型

配管に直接設置し、室内の汚れた空気の排気をおこないます。天井裏に本体を設置し、室内の天井にはルーバーだけが見えるように設置するため、お部屋のイメージを損ねることがありません。

リビングの換気扇選び、迷ったらプロに相談がおすすめ

リビングに換気扇をつけたいと思っても、どのタイプがいいか決められないことがあります。よく考えずに設置して後から後悔するようなことがように、はじめから目的にあったものを選びましょう。

相談先、依頼先の選び方

換気扇には、さまざまなタイプがあります。どの換気扇を設置するか決めるのは、外観だけでなく、設置場所に合った機能を重視したほうがいいでしょう。なぜなら、せっかく換気扇を設置しても設置場所に合ったものでなければ、効果が半減してしまうからです。もし自身で決めることが難しい場合は、リフォーム業者などに相談してみるといいでしょう。

・無料相談や無料見積りはある?
まずは、設置する場所をみてもらい、見積りをとりましょう。無料で見積りをおこなっている業者もあるため、そうした業者を選ぶと換気扇の設置費用を抑えられます。また、設置までに疑問に思ったことを相談できるかどうかも、業者を選ぶ際の大切なポイントです。見積りを依頼する際は、必ず費用や無料相談について確認しましょう。

・実績をみてみよう
信頼できる業者を選ぶときは、実績の多いところを選ぶことがポイントになります。なぜなら実績が多い業者ほど、多くの方が信頼して依頼しているということだからです。信頼されているということは、換気扇に関する経験も豊富だといえるでしょう。

・保証内容もチェック
料金が安いだけで依頼すると、後から不具合ができたとき、新たに料金がかかってしまうこともあります。料金と合わせて、保証についても確認しましょう。業者から説明がない場合は、質問をしてみましょう。

まとめ

換気扇には、臭いをとるだけではありません。カビやダニの原因となる結露の発生を抑えたり、家の寿命を長くしたりするという効果があります。もしリビングに換気扇を設置するなら、外観だけでなく機能もあわせて考えることが大切です。もしどの換気扇がよいかわからないときは、リフォーム業者などに相談するとよいでしょう。

たくさんある業者の中から、信頼できる業者を選ぶには、料金が安いだけでなく、実績や保証内容についても確認することが大切です。じっくりと業者を選ぶことができないなら「換気扇110番」に相談してみてはいかがでしょうか。お手頃な価格であることはもちろん、実績や保証、アフターサービスについても充実している業者を手配いたします。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください! 0120-949-711
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • 職人さん募集中
  • スタッフ紹介

換気扇に関するよくあるご質問

早朝や夜中でも受付してもらえますか?

365日24時間受付しておりますので、お気軽にお電話ください。

店舗ですが、申し込むことはできますか?

店舗や管理会社など法人の方も受付しております。

台所だけでなく、お風呂や部屋の換気扇でもお願いできますか?

もちろん承っております。お申し込み時にご相談ください。

換気扇に関するよくある質問一覧
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで