換気扇の修理・交換・掃除なら換気扇110番TOP > 最新情報・レポート > お風呂の換気扇交換はいつ誰が行うのが正解?種類や費用について

最新情報・レポート

お風呂の換気扇交換はいつ誰が行うのが正解?種類や費用について

お風呂の換気扇交換はいつだれが行うのが正解?種類や費用についても

「お風呂の換気扇の調子が悪くなってきている…」と感じることはないでしょうか。毎日入るお風呂では、換気扇を毎日回しているので日に日に傷んできていると感じてしまいます。それでは、お風呂の換気扇交換の時期や、寿命はどれぐらいなのでしょうか?お風呂の換気扇の交換は個人でできるのか。業者に頼んでもらった方がいいのか…。換気扇の交換方法と一緒に、お風呂の換気扇の種類も紹介していきます。

換気扇を交換するのはどのタイミングがベスト?

換気扇の寿命と耐用年数のはなし

一般的な換気扇の寿命は「8年~10年」と言われています。換気扇の耐用年数は15年で、約10年に一度新品に交換するのが良いです。交換しないと経年劣化による換気の能力低下が起こってしまうので、うまく換気がされなく、普段のバスライフが不自由に感じてしまうことがあるでしょう。

寿命を延ばして長くかしこく使おう!

少しでも換気扇を長く使おうとするには、小まめに清掃することが大事です。換気扇は湿気によるサビが原因でうまく回らなくなることがあります。または、ホコリがついたり、水垢がファンについてしまって、換気扇が機能しなくなってしまいます。それらのゴミを掃除することだけでも、換気扇の寿命を延ばすことができるので、小まめに掃除を行っていきましょう。

こんな不具合が見られたら交換のタイミング

以下のような不具合の症状起こっていたら、換気扇の交換タイミングです。

  • ●いつもより回転する音が大きい
  • ●振動している
  • ●異音がする
  • ●異臭がする
  • ●換気がうまくされていない気がする
  • ●電源が入らない
  • お風呂で使える換気扇にはどんな種類がある?

    お風呂で使える換気扇にはどんな種類がある?

     

    お風呂で使える換気扇には、主に2種類の換気扇があります。また、お風呂の換気扇も進化しており、機能的な種類も増えてきているので、ここで紹介していきます。

    戸建住宅で一般的な「プロペラファン」

    プロペラファンは、扇風機の羽のようなファンの形をしています。屋外に直接面している壁に貼り付けて、ファンを回転させてお風呂の空気を外に出します。このファンのメリットとしては、換気の風量が大きいことと、掃除・手入れのしやすさが挙げられます。

    デメリットは、ファンから直接空気を出すので、外気の影響を受けやすいです。屋外の風が強いマンションや、集合住宅には向いていません。

    集合住宅で見られる「シロッコファン」

    シロッコファンは、別名「ダクト排出式」呼ばれています。内部に取り付けられているダクトを通して、お風呂の空気を外に出します。シロッコファンは天井に設置するタイプが多く見られます。メリットは、外の風や天候の影響を受けず、安定して外に空気を送ることができます。外の影響を受けないこともあり、マンションや集合住宅に向いている換気扇と言えます。

    デメリットは、プロペラファンに比べて風量が少し弱いところです。こちらのシロッコファンは、換気する機能の他にも便利な機能がついている種類が増えてきているので、以下に紹介していきます。

    機能性が高いものも種類が豊富

  • 「浴室乾燥機」
  • お風呂を乾燥する機能をより強くして、「衣類を乾燥させる」ことのできる換気扇です。衣類を乾燥できる機能がついていることにより、天気の悪い日でも浴室で洗濯物を乾かすことができます。外で黄砂や花粉が発生しているときに浴室乾燥をすることで、それらを付着することもなくキレイに洗濯することができるのもメリットです。また、お風呂のカビを抑えることもできる、たいへん便利な機能と言えるでしょう。

  • 「浴室暖房換気扇」
  • 浴室暖房換気扇は、お風呂を換気する機能の他に、「お風呂に暖房機能がついた」換気扇のことです。暖房を付けることにより、寒暖差の激しい冬場で高齢者に起こりやすい、「ヒートショック現象」を防ぐことができます。ヒートショック現象とは、「急な温度差で失神や、心筋梗塞が起こってしまう」現象です。

    また、浴室内を暖かくすることによって、冬場の寒いお風呂が苦手な人に気持ちよくお風呂に入ってもらうことができることでしょう。

  • 「送風機能」
  • 送風機能がついている換気扇も出ています。長時間お風呂に入ってのぼせてしまったときに、送風機能を使って体を冷ますことができます。夏場の暑い時期にも使うことができる機能です。「暖房機能」や「送風機能」を利用して、快適なバスライフを送っていきましょう。これらの機能はたいへん便利な機能を持っているのですが、設置に高額の金額がかかってしまうので、よく考えた上で導入してみてください。

    自分?業者?換気扇交換の依頼先

    自分?業者?換気扇交換の依頼先

     

    これまでは浴室の換気扇が壊れたときの症状や、換気扇の種類について紹介してきました。それでは、実際換気扇が壊れてしまった場合、どうやって交換すればいいのか。修理が必要なのか、個人で直すことができるのか。ここで紹介していきます。

    自分でできる?換気扇交換の難しさと注意点

    換気扇の交換は個人でできるのでしょうか。まず、換気扇の交換には「電気工事の資格」が必要になり、簡単な作業ではないということが分かります。事前にファンの掃除やメンテナンスをして、換気扇の寿命を延ばすことは個人で可能かもしれませんが、実際に交換になると感電や漏電が起こってしまうこともあり、事故につながってしまうので、プロの業者に頼むようにしてください。

    業者に換気扇の交換をしてもらえば楽で安心

    プロの業者に頼めば、換気扇の交換も安心に済ませることができます。換気扇の交換にどのような専門的な作業があるか書いていきます。

  • ●配線工事が必要になる
  • ●電気系統に不具合があった場合の対処
  • ●ダクトの交換が必要になる
  • ●老朽化による交換
  •  

    これらの専門的な作業が必要になる場合もあるので、一度業者に見てもらったうえで対処してもらうと安心でしょう。

    業者の費用相場はどのくらい?

    お風呂の換気扇交換をプロの業者に依頼する場合の費用は、

  • ●キッチンの換気扇に比べて、お風呂の換気扇本体価格は安い
  • ●上に挙げた専門的な作業を行う場合は、費用が多くかかってしまう
  •  

    ということを覚えておくと分かりやすいでしょう。新しく換気扇を取り付けたい場合、換気扇の本体価格によっては多く費用がかかってしまうこともあります。もし、安くしたい場合は、古い型の換気扇を選んでみるのも手です。

    信頼できる業者の選び方

    お風呂の換気扇の交換・修理には、アース工事も必要になってくるので、まずは「電気工事」の資格を持っているプロの業者を探しましょう。最近では、機能的な換気扇も増えてきているので、家庭のニーズに合った機能を持った換気扇に交換することも出てくるかもしれません。

    ニーズに合った換気扇の相談にのってくれる、費用をおさえたいときに型落ちの商品を選んでくれる、メンテナンスにも対応してくれるといった、信頼できるプロの業者を選んでみてください。

    まとめ

    お風呂の換気扇交換は、個人ではなかなか直すことができません。換気扇に異変を感じたら、プロの業者に頼むようにしてください。納得して依頼するためにも、信頼できる業者であるか、費用は適切かなどをしっかりと判断するようにしましょう。

    換気扇の寿命を延ばすためには、日ごろの清掃やメンテナンスをしっかり行うことが大切です。風呂に設置している換気扇の寿命を延ばす清掃は、個人でもできる対策といえるでしょう。

    深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください! 0120-949-711
    • 無料相談窓口へ
    • よくあるご質問
    • 職人さん募集中
    • スタッフ紹介

    換気扇に関するよくあるご質問

    早朝や夜中でも受付してもらえますか?

    365日24時間受付しておりますので、お気軽にお電話ください。

    店舗ですが、申し込むことはできますか?

    店舗や管理会社など法人の方も受付しております。

    台所だけでなく、お風呂や部屋の換気扇でもお願いできますか?

    もちろん承っております。お申し込み時にご相談ください。

    換気扇に関するよくある質問一覧
    • 他社との比較
    • お客様の声
    • ご相談から作業完了まで