換気扇の修理・交換・掃除なら換気扇110番TOP > 最新情報・レポート > 換気方式を使い分けましょう

最新情報・レポート

換気方式を使い分けましょう

昔の木造住宅などは、それほど気密性が高くないものが多く、どこからか隙間風が入って、知らないうちに室内の空気が循環していたものでした。しかし最近の住宅は「高断熱・高気密」のものが増えてきて、隙間風が入る余地が全くない状態となっています。隙間風がないということは、熱の損失を少なくすることが出来るので、冷暖房の効率を高めるには非常に有効ですが、一方で空気がずっと循環しないという状況を生み出します。倉庫のような無人の部屋はあまり問題ではありませんが、居室や作業室など、人が居るような空間で空気が循環しないと、熱や埃、二酸化炭素などが充満することになり、室内の空気環境が時間の経過と共に悪化してしまいます。それを防ぐのに大切なのが『換気』です。冷暖房も大事ですが、時々換気をして空気の入れ替えをすることも重要ですので、こまめに換気を行いましょう。さて、その換気の方法には大きく3つありますので、今回はその種類をご紹介しましょう。 ◆第1種換気: 機械給気+機械排気  換気扇等の換気機器で新鮮な空気を取り入れ、同様に換気機械で排気するものです。窓が開けづらいビルなどに多い換気方式です。 ◆第2種換気: 機械給気+自然排気  換気扇等の換気機器で新鮮な空気を取り入れ、排気は排気口や窓等の非機械で排気するものです。無菌室や手術室などのクリーンルームなどで採用される換気方式です。 ◆第3種換気: 自然給気+機械排気  給気口や窓等から新鮮な空気を取り入れ、排気は換気扇等の換気機器で排気するものです。室内が負圧となるので、臭気を出したくない厨房やトイレなどで採用される換気方式です。 このように、換気には換気扇が非常に重要な役割を果たします。換気扇が有効に働くように、定期的に換気扇掃除やメンテナンスをしましょう。換気扇のことなら本サイト「換気扇110番」をご利用ください。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください! 0120-949-711
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • 職人さん募集中
  • スタッフ紹介

換気扇に関するよくあるご質問

早朝や夜中でも受付してもらえますか?

365日24時間受付しておりますので、お気軽にお電話ください。

店舗ですが、申し込むことはできますか?

店舗や管理会社など法人の方も受付しております。

台所だけでなく、お風呂や部屋の換気扇でもお願いできますか?

もちろん承っております。お申し込み時にご相談ください。

換気扇に関するよくある質問一覧
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで