換気扇の修理・交換・掃除なら換気扇110番TOP > 最新情報・レポート > 換気扇から火災は発生するか?

最新情報・レポート

換気扇から火災は発生するか?

トラッキング現象やグロー現象について聞いたことはありますでしょうか?これらは二つともプラグとコンセントに関連したトラブルです。 長期間プラグをコンセントに挿したままにしていることで、プラグとコンセントの隙間に埃や小さな屑が溜まります。この埃や屑が空気中の水分を吸収することで電流が流れ発火することを「トラッキング現象」と呼びます。 「グロー現象」とは、いわゆる接触不良のことです。コンセントの接続部分が緩んでくると、電流の断続を繰り返すようになり、そのうちに微弱な電流でも異常なほどの熱を発生させ、電気火災の原因となります。 これらの話をしたのは、私達の住まいの台所には必ずといってよいほど換気扇が設置されているからです。 換気扇の本体や羽根のお掃除を定期的にされる方はいらっしゃると思います。しかし、コンセントの部分はどうでしょうか?たいていの場合、コンセントは奥まったところにあり目につきにくいことが多いように思われます。それ故に掃除を忘れてしまうこともあるでしょう。しかし台所は火を扱う場所。さらには、料理によって油が飛び散る場所でもあり、火災発生の危険性を十二分に孕んでいます。 もしも換気扇のコンセントの接続部分に埃が積もっていたら?コンセントの接続が緩んでいたら? 火災は自宅だけでなく、近隣にも被害を及ぼす恐ろしいもの。換気扇掃除をされる際は、コンセントのチェックも忘れないようにお気を付けください。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください! 0120-949-711
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • 職人さん募集中
  • スタッフ紹介

換気扇に関するよくあるご質問

早朝や夜中でも受付してもらえますか?

365日24時間受付しておりますので、お気軽にお電話ください。

店舗ですが、申し込むことはできますか?

店舗や管理会社など法人の方も受付しております。

台所だけでなく、お風呂や部屋の換気扇でもお願いできますか?

もちろん承っております。お申し込み時にご相談ください。

換気扇に関するよくある質問一覧
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで