トイレに換気扇がない!設置する方法や注意点、ほかの解決案も紹介 | 【低価格】換気扇掃除・交換・修理 ご相談無料|換気扇110番
換気扇の修理・交換・掃除なら換気扇110番TOP > 最新情報・レポート > トイレに換気扇がない!設置する方法や注意点、ほかの解決案も紹介

最新情報・レポート

トイレに換気扇がない!設置する方法や注意点、ほかの解決案も紹介

トイレに換気扇がない!設置する方法や注意点、ほかの解決案も紹介

トイレに換気扇がなくて困っている方は、意外と多いようです。でも、トイレの換気扇はあとから設置できるのか、どのような方法で費用はどれくらいかかるのか、気になることは多いでしょう。毎日使うトイレだからこそ、快適な空間にしたいものですよね。

このコラムではそんな疑問をお持ちの方に、トイレの換気扇の新設について詳しくご紹介していきます。換気扇以外の方法もご紹介しますので、トイレのイヤなニオイ問題を解消するために、ぜひ参考にしてみてください。

トイレに換気扇が必要な理由とは

換気扇はトイレに必要なものです。トイレに換気扇がないとさまざまな問題が生じてしまい、中には意外と知られていないものの、重要な問題もあります。ここではトイレの換気扇の役割や、換気扇がないことで具体的にどんな問題があるのかをご紹介していきます。

トイレの換気扇の役割

換気扇は室内の空気を入れ替えてくれるものです。トイレの場合、換気扇は嫌なニオイを屋外へ排出するために大きな役割を果たしています。また、換気扇はニオイだけでなく、トイレ内の空気中に浮遊する汚れた物質も排出してくれるのです。このため、トイレを常に清潔に保っておくためには換気をする必要があります。

常に換気をしておくのが理想ですが、換気扇を動かす電気料金は気になるところですよね。24時間換気をしていると、その分電気料金が高くなってしまうのではと心配になる方も多いでしょう。

しかし、トイレの換気扇の使用にかかる電気料金は意外と安いもので、標準的な換気扇なら毎日換気していても年間で数百円ほどしかかかりません。そのため、電気料金はさほど気にせずに常に換気をしておくのをおすすめします。

換気扇がない場合に起こる問題

トイレに換気扇がない場合、いちばんの問題になるのは「ニオイ」でしょう。トイレのような狭い個室では、不快なニオイがこもりやすくなってしまいます。換気扇がないとニオイはなかなか消えずに残ってしまうだけでなく、トイレの外の廊下などにまで影響してしまうこともあるでしょう。

トイレ内は湿度が高い場所ですので、換気されずに湿気がこもってしまうとカビが発生しやすくなります。トイレに浮遊している目に見えないカビを、知らず知らずのうちに吸い込んでしまっていることもあるかもしれません。

木造住宅の場合、トイレ内の湿度にはとくに注意しておかなければなりません。冬場はトイレで結露することもあり、この水分は木材に悪影響を与えてしまうおそれがあります。長年水分によるダメージを受けていると、木材が傷んで腐ってしまうことになるでしょう。

また、換気できないことにより、トイレにはホコリがたまりやすくなってしまいます。トイレのホコリを吸い込んでしまうと、咳などのアレルギー症状を引き起こしてしまうこともあります。

いずれもやっかいな問題ですが、これらはすべて換気扇があれば解決することができます。換気扇でニオイとともに湿気やホコリも屋外へ排出し、トイレ内の多くの問題を解消することができるのです。

トイレに換気扇を導入する方法

トイレに換気扇を導入する方法

実際に換気扇を導入する場合、おおきくわけて2通りの方法があります。ニオイやカビにはもう耐えられないという方には、新たに換気扇を導入する方法をご紹介します。

業者に頼んで設置してもらう

換気扇の導入をお考えの際は、リフォーム業者に依頼して設置してもらうとよいでしょう。しかし、気になるのは換気扇の設置にかかる費用ですよね。

換気扇の新設を業者に依頼した場合の費用相場は、おおよそ3~4万円です。トイレの場所によっては天井に穴をあけてダクトを埋め込む必要があるなど、設置方法によって費用は高くなるでしょう。

自分で換気扇を設置する方法

換気扇の設置費用をおさえたいという方や、早急にトイレのニオイをなんとかしたいという方には、簡易換気扇を自分で設置するという方法もあります。簡易換気扇は窓枠に取り付けるもので、トイレに窓があれば簡単に設置することができるでしょう。費用相場は5千円から1万円ほどと、業者に依頼するのにくらべておおきくコストをおさえることができます。

費用も安く簡単に設置できる反面、簡易換気扇は窓を利用するため、冬場は外気によってトイレ内の室温が低くなってしまうデメリットもあります。また、窓が開閉しづらくなることもあり、防犯に関しても注意が必要です。そのため、簡易換気扇を設置する場合は、寒さ対策や防犯対策をあわせておこなう必要があるでしょう。

換気扇の設置方法は予算の都合など必要に応じて選択することができます。トイレのニオイなどにお悩みの方は、いずれかの方法を検討してみてはいかがでしょうか。

換気扇を取り付ける際の3つの注意点

トイレに換気扇がないときに感じていたイヤなニオイやカビなどの問題は、換気扇を取り付けることで解消され、快適になるでしょう。しかし、新品の換気扇をただ取り付けるだけ、というわけにはいきません。

トイレに換気扇を設置するためには、いくつかの注意しておきたい点があるのです。ここからは、トイレに換気扇を取り付ける際の注意点を3つご紹介します。

ドアに加工が必要

きちんと換気をするためには、室内の空気を排出するのと同時に、外の空気を取り入れなくてはなりません。そのため、換気扇のほかに吸気口が必要となります。トイレのドア下の部分に隙間があるのは、この吸気口をつくるためです。

もしドアに隙間がない場合には、ドアを交換しなくてはならない可能性もあります。換気扇の新設費用に加えて、ドアの交換費用が発生することも考えておいたほうがよいでしょう。ドアが交換できない場合は、換気扇を使用するあいだ、トイレのドアを少し開けておく必要があるかもしれません。

騒音や外気が入ってくる

換気扇を設置することで、屋外の音や外気がトイレ内に入り込んでしまうことがあります。騒音の多い場所に換気口があるとトイレに騒音が流れ込むことがあるほか、交通量の多い場所なら排気ガスなどが入ってきてしまうこともあります。

また、換気扇を風当たりの強い場所に向けて設置すると、冬場には冷気が流れてきてトイレの室温が下がってしまうこともあるのです。

こういった問題は、換気扇の種類や設置場所、向きなどで対応することができます。設置後に問題が起こらないように、業者としっかり相談して、工事をおこなうことをおすすめします。

勝手に導入してはいけない可能性

賃貸住宅では、勝手に設備を増やしたり交換したりすることは禁止されている場合が多いです。換気扇の設置には工事が必要となるため、大家さんや管理会社に確認して事前に許可をとることを忘れてはいけません。許可なく工事をしてしまって、退去するときに大きな金銭トラブルが起きないよう注意しましょう。

換気扇の設置をするときには、以上のことに注意して業者に依頼しましょう。

しっかり業者と相談して設置しよう

しっかり業者と相談して設置しよう

換気扇はたしかに必要なものですが、設置したことで新たな問題を引き起こしてしまうこともあります。そのため、換気扇の設置場所や住宅の状況はきちんと考えて設置しなければなりません。業者に設置を依頼するのであれば、事前にしっかりと業者と相談をする必要があります。

業者との話がうまくついていないと、任せっきりにしたために設置不良などのトラブルが起きてしまうこともあるかもしれません。そうならないよう、信頼できる業者を選びましょう。

業者選びのポイント

換気扇を新設するにあたって、まずは状況や見積りなどを相談して、ある程度のイメージをしておきたいですよね。リフォーム業者には、無料で電話相談や見積り、調査をしてくれるところもあります。

施工実績や対応の仕方、日程などは業者によってさまざまです。まずは相談をしたうえで、金額や対応に納得のいく業者を選びましょう。

換気扇以外でもトイレのニオイ問題は緩和できる

トイレに換気扇がない場合、長年積み重なったトイレのニオイを解消するためには、換気扇の設置以外にもいくつかの手段があります。換気扇の設置を検討しているけれど、そのまえに対策できることは試してみたいという方もいらっしゃるでしょう。ここからは、トイレのニオイの軽減方法をご紹介していきます。

脱臭機や空気清浄機を設置する

ホームセンターなどでは、コンセントにつなぐとイヤなニオイを分解して脱臭してくれる脱臭機や、トイレ用の空気清浄機が市販されています。また、アロマディフューザーを置くと、癒しの香りでイヤなニオイを軽減してくれるかもしれません。

小型でトイレに置いても邪魔にならず便利なアイテムですが、電源を必要とする機器はトイレにコンセントがなければ使用できない場合もあります。トイレにコンセントがない場合は乾電池式のものを使いましょう。また、消臭剤や脱臭剤を置いておくだけでもニオイ対策になるでしょう。

こまめな掃除でイヤなニオイをおさえる

トイレにニオイのもとが定着してしまわないように、日ごろからこまめなお掃除をしておくことも大事です。とくに、壁や床など便器の周りは汚れが飛び散りやすいため、お掃除シートなどを使って定期的に拭き取りましょう。

便座の裏側や便器のふちにもたくさんの汚れが付着して、ニオイの原因になっているかもしれません。トイレ掃除は面倒なものですが、掃除をしないと不衛生なうえに、ニオイもどんどん蓄積されてしまうのです。汚れのつきやすい場所をこまめに掃除して、イヤなニオイをおさえましょう。

脱臭機や空気清浄機を設置したり、こまめな掃除をすることでニオイを緩和することができますが、これらの対策をしてもまだイヤなニオイが気になることもあるかもしれません。そんなときは思い切って、換気扇の設置を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

トイレに換気扇がないと、ニオイや湿気がたまってしまい、健康被害につながることもあります。そのため、換気扇はトイレには必要不可欠なものです。

リフォーム業者に換気扇の設置を依頼する場合には、設置場所など、事前に相談しておかなければならない点がいくつかあります。そのためしっかりと信頼できるリフォーム業者に依頼をするようにしましょう。

換気扇が設置できればニオイや湿気はたまりにくくなりますが、普段からのお手入れも重要なものです。日ごろからこまめに掃除をして、トイレを快適に使っていきましょう。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください! 0120-949-711
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • 職人さん募集中
  • スタッフ紹介

換気扇に関するよくあるご質問

早朝や夜中でも受付してもらえますか?

365日24時間受付しておりますので、お気軽にお電話ください。

店舗ですが、申し込むことはできますか?

店舗や管理会社など法人の方も受付しております。

台所だけでなく、お風呂や部屋の換気扇でもお願いできますか?

もちろん承っております。お申し込み時にご相談ください。

換気扇に関するよくある質問一覧
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで