マンション換気扇交換のすすめ!換気扇には寿命アリ

マンション換気扇交換のすすめ!換気扇には寿命アリ

 

レンジフードや浴室、トイレ、ユニットバスなど家の中で換気扇はいくつも使用されています。戸建住宅でもマンションでも変わらず換気扇は使用します。しかし、住宅の条件によって換気扇の種類や設置のされ方は異なります。

 

ここではマンションの換気扇に焦点を絞って、マンションで多くされる換気扇の種類や交換方法、交換したほうがよい時期などについて紹介していきます。換気扇をきれいに掃除しているのに気になる臭いが無くならないといったトラブルの原因についても消化していきます。換気扇の交換を考えている方や換気扇の不調を感じている方はぜひ参考にしてみてください。

 

目次

 

換気扇の交換方法

住宅に使用される換気扇は大きく2つのタイプがあります。プロペラファンとシロッコファンです。これらの違いは空気の排出方法です。

 

プロペラファンは吸い込んだ空気がそのまま屋外に排出され、シロッコファンはダクトを通じて屋外へ排出されます。そのためシロッコファンを使用すれば屋外に面した壁でなくても換気扇を取り付けることができるため、マンションやアパートなどの換気扇のほとんどはシロッコファンが使用されています。

 

ここで紹介する交換方法は、このシロッコファンの交換です。新しい換気扇を購入する際もシロッコファンとプロペラファンを間違えないようにしましょう。

 

換気扇の交換や修理を自分でおこなうという人もいるでしょう。そんな換気扇の交換について1つ覚えておきたいのが、換気扇の交換には電気工事士の資格が必要ということです。交換作業の最中には配線の取り外しなどもおこなうため、正しい知識無しに作業するのは危険です。電気工事士の資格がある人がおこなうようにしましょう。

 

1、ブレーカーを落とす

1、 ブレーカーを落とす

 

換気扇交換をするときは必ずブレーカーを落とします。換気扇のスイッチを切るだけで大丈夫と考える方は要注意です。場合によっては導線に触れるかもしれない作業を行うため、何がきっかけで感電してしまうかわかりません。必ずブレーカーを落としてから作業するようにしましょう。

 

家全体のブレーカーを落とす必要はありません。トイレや浴室など作業場所のブレーカーのみを落としておけば大丈夫です。

 

ブレーカーを落とすと部屋が暗くなるので、作業が難しくなります。作業がしやすくなるように、事前に懐中電灯などの明かりを用意しておきましょう。作業では両手を使いますので、片手で懐中電灯を持っていなくてもいいように、ランタンのように置いておける懐中電灯がおすすめです。

 

2、カバーと本体を取り出す

 

カバーを外す
本体を取り出すためにまずはカバーを外します。カバーはバネで引っ掛けてあるものが多く、引っ掛けてある部分を外せば取ることができます。 引っ掛けてある部分が見えない場合は少し下に引っ張ってみましょう。引っ張ってできた隙間から覗いてみると、引っ掛けてある部分が見えます。メーカーによって異なることもありますが、大体の換気扇はこの方法でカバーを外すことができます。 交換する新しい換気扇に説明書が付属されていると思いますが、その説明書にもカバーの外し方や付け方の手順が乗っていることが多いので、そちらも確認してみてください。

 

 

換気扇を止めているネジを取り外す
カバーを外すと換気扇本体が4本のネジで天井に固定されているのが見えます。これらのネジをすべて外しましょう。換気扇はダクトや配線などと繋がっているためネジを外したあとも換気扇が落下してくるといったことはありません。

 

 

換気扇と繋がっているダクトと配線を外す
換気扇本体を取り外すためにダクトと配線を外します。点検口から換気扇とダクトが繋がっているのを確認したのち、まかれたアルミテープを外していきます。その後、繋がっている配線を抜きます。

 

 

換気扇を取り外す
ダクトと配線が外れたら換気扇を天井から取り外すことができます。換気扇を持って下から引き抜きましょう。

 

 

マンションにおける換気扇交換の注意点
マンションによっては、カバーを外しても換気扇を止めているネジ部分が見えないことがあります。これは、マンションを建てる過程で換気扇工事を先におこない、その後天井を作ることがあるため、ネジ部分に天井が被っているからです。

 

その場合は被っている天井部分を削らなければ固定ネジを外せないのです。ボードカッターなどを使って天井を切っていき、固定ネジが見えるまで切り進めましょう。固定ネジが見えてからは通常の手順と同じように換気扇を外していきます。

 

3、配線をつなぎ直す

まずはダクトと新しい換気扇をつなげます。ダクトと換気扇のダクト部分をアルミテープで巻き付ければ、ダクトとの接続は完了です。次に先ほど外した配線を接続します。

 

4、新しい本体を取り付ける

新しい本体とダクト、配線は繋がっているので、本体を天井へはめ込みます。換気扇が天井にきちんとはまったら、ネジを外した4箇所をネジ止めします。そして初めに外したときと逆の手順でカバーを取り付け、換気扇の交換は完了です。

 

換気扇の交換費用はいくらかかる?

換気扇の交換費用と聞いて適切な費用がわかる人は多くはないでしょう。業者へ交換を依頼するときに、適切な費用を知らないと必要以上に支払っていたということも起こりかねません。換気扇の種類によっても施工費用は大きく異なります。ここでは換気扇の種類によってなぜ費用が異なるのか、業者へ依頼する際に気を付けておきたいポイントについて紹介します。

 

プロペラファンよりシロッコファンの方が高くなる

プロペラファンよりシロッコファンの方が高くなる

 

先ほど紹介したように、住宅で使用される換気扇にはプロペラファンとシロッコファンがあります。プロペラファンは非常に簡単な作りになっており、商品自体の値段も安く、施工も比較的簡単におこなうことができます。対してシロッコファンは複雑な形状であるため商品自体の価格も高い傾向にあり、施工にも少し時間がかかります。

 

施工内訳を確認する

換気扇交換業者のホームページのトップに大きく書かれている値段はプロペラファンの交換費用だったということがあります。シロッコファンを交換する場合はその費用よりももう少しかかるため、きちんと確認するようにしましょう。

 

業者へ依頼する場合、まずは見積りを取ることが大切です。金額の内訳をみて不自然な金額がないか、商品の値段は適切でも施工費用が高額になっていないかなどを確認しましょう。

 

少しでも安くしたい場合は…

換気扇交換の費用を抑えるためのポイントは、換気扇交換費用の相場を知っておくということです。相場を知らなければ、見積りをして提示された金額が適切かどうかを判断することができません。

 

相場を知るために、複数の業者から相見積りを取るのがおすすめです。そうすることでどの程度の値段が標準なのかがわかり、納得のいく値段を見つけることができます。また、適切な値段を知っておくことで施工内訳を確認したときに不自然な金額がないかを確認することができます。

 

初めから1つの業者に絞って依頼してしまわずに、まずは相見積りしてみるのがよいでしょう。

 

換気扇の交換タイミング

換気扇が動かなくなってしまったときはもちろん、そうでないときでも交換したほうがよいタイミングがあります。まだ使えるけれど、実は交換したほうがいいタイミングだったということもあります。ここでは換気扇を交換したほうがよい時期やサインについて紹介していきます。

 

寿命の可能性

寿命の可能性

 

換気扇は使用していくにつれてモーターの性能が落ちていき、回転数が落ちたり動かなくなったりしてしまいます。7年から10年ほど使用するとこのような不調が現れます。1年中回しっぱなしなど使用頻度が非常に高い場合は、5年ほどで故障することもあります。

 

長く使っている換気扇はこのように寿命で性能が落ちたり使えなくなったりします。寿命によって故障したときは交換しましょう。

 

異音が酷い場合

換気扇から鳴る異音を聞いたことはありますか?この異音は内部の部品が変形することで鳴るようになります。部品の変形以外にも内部にホコリやゴミが蓄積することでもモーターに不調をきたし異音が鳴ることがあります。

 

このような不調はいずれ大きな故障へ繋がるため、気づいたときはなるべく早めに交換しましょう。

 

掃除をしても臭いや汚れがひどい時

換気扇は空気を吸い込み排出するためホコリやゴミなどが溜まりやすい場所です。また浴室の換気扇は水垢なども付き、ファンやモーターが錆びてしまうこともあります。

 

換気扇をきれいに掃除したつもりでも、見えない場所にたまった汚れによって臭いが取れなかったり、掃除では取れないほど汚れがひどかったりしたときには交換したほうがよいでしょう。

 

溜まったゴミや錆びはモーターに影響し、故障へ繋がりやすくなります。汚れが取れない以上改善することはできないため、交換してしまうのがよいでしょう。

 

換気扇のダクトも見た方が良い

換気扇はすっかりきれいに掃除できたはずなのに、臭いが無くならないというケースがあります。換気扇の臭いや汚れがひどいときは、換気扇だけでなくダクトも確認してみましょう。ダクトに汚れが溜まっていると、換気扇を掃除したり交換したりしても異臭が取れないことがあります。

 

まとめ

換気扇の交換方法、交換を依頼する際のポイントや交換の時期について紹介してきました。マンションの換気扇の交換を考えている方は以下のことをもう一度確認しておきましょう。

 

  • ・ダクトでの排出が必要なマンションの換気扇ではシロッコファンが使用されている
  • ・交換作業をするときは必ずブレーカーを落とす
  • ・施工相場を知るために相見積もりをするとよい
  • ・寿命以外にも汚れなどが原因で故障することがある
  • ・換気扇に不調が現れると故障につながる可能性が高いため交換を検討してみる
  •  

    換気扇の不調に悩んでいる方、交換のタイミングを考えている方は、ぜひ上記のことを参考に換気扇交換を検討してみてください。

     

    通話料無料 携帯電話 PHSもOK

    0120-949-711

    24時間365日 日本全国対応中

    • 無料相談はこちら

    利用規約はこちら

    BSニュース 日経プラス10

    「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

    私たちが24時間365日サポートいたします!

    通話料無料! 携帯電話・PHS OK

    0120-949-711

    24時間365日、日本全国受付対応中!
    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • しもの
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら
    • お急ぎの方へ
    • 無料相談はこちら

    選ばれる4つの理由

    ※手数料がかかる場合がございます
    ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合 がございます

    情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

    プライバシー対策も万全です

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

    弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。